アメリカの出産事情

思わずこんなに違うの?!と驚いてしまう、アメリカの出産事情をご紹介します。
国によって、医療は異なるものですが、日本で出産を経験したことのある人は驚いてしまうでしょう。
まず、アメリカの場合、自然分娩の場合は入院1日、帝王切開の場合は入院3日となっています。
日本での入院日数は、自然分娩で6日、帝王切開で7日ほどとなっていますので、アメリカの入院日数が極端に短いことがわかります。
これはアメリカの入院費、医療費が高いことが原因と言えるでしょう。また、日本では出産のときに痛みをすべて感じるのが一般的ですが、アメリカでは感じなくていい痛みはわざわざ感じる必要がない考えなので、無痛分娩で行われます。
脊髄に痛み止めを投入をし、分娩。想い生理痛のような痛みのみで出産が出来るそう。
国によってこんなにも差が出る出産事情でした。