ホテルオークラ本館が閉館

日本モダニズム建築の代表格「ホテルオークラ東京」の本館が建て替えのため8月末で閉館するそうだ。日本の伝統美が詰め込まれ、「1万8千坪の芸術」のキャッチフレーズで1962年に開業した。外国人客からも愛され、30年来定宿してきたマーガレット・ハウエルさんは建て替えを考え直してほしいと訴えるほどだそうだ。最近はアートや建築に関心のある若者らがカメラ片手に次々と訪れるようになっているとのこと。ホテルオークラ東京は、帝国ホテル社長などを務め、大倉財閥当主だった大倉喜七郎氏が資材をなげうって美を極めた建築物だ。特徴的なのはロビーで、公共の場と考え、誰にでも開かれたスペースになっている。あえて喫茶室にはなっておらず、梅の花の形に並べられたイスとテーブルではビジネスマンが打ち合わせをする光景も見られる。ロビーに喫茶スペースを設けなかったのは、食器の音やスタッフが動き回る音が出てしまうからだそうだ。フロントやエレベーターも奥まったところにあり、ざわつきが遮られるようになっている。落ち着いたムードをもたらしているランタンは「オークラ・ランタン」と呼ばれ、古墳時代のネックレスなどに使われた切子玉がモチーフになっている。内側に和紙が貼られ、光を和らげている。建築は東翼、南翼、北翼の3翼からなる三ツ矢式建築で、どの部屋からも窓の外の景色が眺められるようになっている。建築美としては派手な桃山式ではなく、平安時代中期の洗練された優美さを基調にしている。公共スペースであるロビーは和にこだわっているが、客室は機能性を追求した西洋式になっているそうだ。
本館の建て替えを巡っては反対する声もあるそうだ。本館は8月末で営業を終え、2019年に再開するとのこと。同じものには建て替えられないそうだ。新しく建築される本館も伝統を引き継いでくれるといいのだが。8月の閉館までに一度訪れてみたいものだ。