皆既月食 夜桜と競演

満月が地球の影にすっぽり隠れる皆既月食が4日夜、東日本を中心に観測された。桜が見頃の時期と重なるのは珍しいことだそうだ。次に見られるのは2018年1月31日とのこと。
皆既月食は太陽と地球、月が一直線に並ぶことで生じる。太陽光が地球の大気によって屈折・散乱して赤い光だけが月に届くため赤銅色に見えるのが特徴で、前回は昨年10月に起こった。
この日、東の空に上がった月は午後7時15分から欠けはじめ、8時54分から12分間皆既食となった。桜の名所として知られる宇都宮市の八幡山公園では、大勢の花見客が夜桜と皆既月食の競演を楽しんだそうだ。公園内の約800本の桜はちょうど満開となり、ぼんぼりも点灯していたそうだ。花見客らは桜の下で雲が切れるのを待ち、ようやく顔を出した月が欠けた状態から皆既食となると「赤くなった」と歓声を上げていたそうだ。4日は天気が悪い地域も多く、見られなかった人も多かっただろう。次回は桜との競演は叶わないが、皆既月食の様子をまた3年後に楽しめればと思う。