機内で出産、生まれた子どもの「国籍」は?

太平洋上空を飛行していた飛行機の中で5月10日、女の子が生まれた。
カナダのカルガリー空港から、日本の成田空港に向けて、エア・カナダの機内で、赤ちゃんが生まれた。
突然、機内で搭乗客の女性が産気づく。成田空港から北東に約565キロの太平洋上空を飛行中の飛行機から、成田空港へ向けて、緊急着陸を求める通報が入った。そして、飛行機は約1時間後、無事に成田空港へ緊急着陸した。
この赤ちゃんの両親は、ともにカナダ国籍。飛行機にたまたま乗り合わせていた医師が立ち会い、無事の出産となった。成田空港事務所によれば、赤ちゃんは、空港への通報前に生まれた、母子ともに健康とのこと。
そして今回問題となるのが、赤ちゃんの国籍である。
国際線の機内で出産したとき、子どもの国籍はどのように決まるのか。
今回のケースの場合は日本の法律が適用されて、赤ちゃんは両親と同じ、カナダ国籍になるという。