子どもの将来のため大切にしたい食育

政府や保健所、また学校による「早寝・早起き・朝ごはん」などの取り組みが広がり、保護者の間でも子どもの食育への関心は高まりつつある近年。
しかし、現在の子どもたちが大人になった時、食育の成果はどの程度生かされているのでしょうか。
内閣府がまとめた2015年版「食育白書」によると、現代の若者たちの気になる実態が浮かび上がってきたといいます。
同白書は、内閣府が昨年の11~12月に、3000人を対象に実施した調査の結果をまとめています。
男性のうち、「ほとんど毎日」朝食を取っている20代は58%にすぎませんでした。
また、20代の女性は67%が「ほとんど毎日」朝食を取っているものの、残り3割以上はきちんと朝食を取っていない結果となりました。
男女共に20代の若者の食生活に、問題があることがわかります。
20代の女性は、男性よりも朝食をきちんと食べていたり、健全な食生活を心掛けたりする割合が高いといえます。
しかし、その反面、やせている女性の割合が20代は21%とおよそ5人に1人となっており、無理なダイエットをしている20代の女性が多いこともうかがえます。
このほか、20代の男女はほかの世代と比べ、「一日の食事を一人で食べる」という割合が高いことにも注目されます。
20代は進学や就職などで家庭を出て自立をし、一人暮らしをする機会が増える時期です。
朝食を毎日取るのは食育の基本の一つ。
しかし、単に食べるだけではなく、食事を通じて食生活の大切さを理解する、理解させることが、子どもの将来のための本当の食育につながるのではないでしょうか。