ユーモア満載の水木しげるさんお別れ会

昨年、93歳で亡くなった漫画家の水木しげるさん。1月31日に東京都港区であった「水木しげるサン お別れの会」には、著名人やファンら約8千人が参列したそうだ。このお別れ会で「水木サンへの愛がすごい」などと注目を浴びるのが、花の装飾と関係者にふるまわれた料理だという。
祭壇には花で丸い輪が作られ、「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」「河童の三平」などのパネルを背景に、ほほえむ水木さんの遺影が飾られていた。祭壇をデザインしたのは会の発起人の作家・京極夏彦さん。丸い輪を描いた理由をこう語ったという。
「水木しげるの世界で、此岸と彼岸は地続き。先生は愛すべきキャラクターたちと輪の向こう側にいらっしゃる。しかし今、輪は開いている。私たちの思いが、向こう側に伝わりますように」
祭壇の横手には「妖怪ポスト」を設置。水木さん宛の手紙やイラストを手にした弔問客で長い列ができていたという。
故人を偲ぶ会なのに、どこかユーモラスだったというお別れ会。特に話題を呼んでいるのは参列者が胸に付けたコサージュと、妖怪がキャラクターがたくさん登場した料理だそうだ。
「目玉おやじコサージュ」は白目の部分が洋菊の「ピンポンマム」で作られていたという。グリーンの部分にはユーカリの葉が使われていたそうだ。
料理が並べられたテーブルの上にもピンポンマムの目玉おやじ。こちらはデルフィニウムという青い花に浸かっていたそうだ。もちろん目玉おやじが大好きな「茶碗風呂」をイメージしたもの。「ぬりかべ風サンドウィッチ」は黒ゴマを練り込んだパンにチーズで目を描いている。「目玉おやじ風軍艦」はかまぼことカニカマ、海苔で目を作った。「一反木綿風イカにぎり」は一反木綿そっくりの形にイカを切り、目はゴマで。
「ゲゲゲの芋煮盛り合わせ」もとても凝ったメニューで、かぼちゃ煮やゴボウ煮や里芋煮で、ちゃんちゃんこやねずみ男、目玉おやじを再現。こんにゃくで作ったぬりかべも添えられた。
デザートにも「傘化け風りんご」、「目玉おやじ風マカロン」と「ゲ」の一文字が描かれた「ゲゲゲミニショートケーキ」。そして「悪魔くん風サヴァラン」。サヴァランは渦巻いた悪魔くんの髪の毛をチョコレートのデコレーションで形作っていたそうだ。
京極さんのデザインのもと、層かを手掛けたのは日比谷花壇。料理もケータリング会社と協議しながらコーディネートしたそうだ。
水木さんがいたずら心溢れる人だったこともあって、いたずらがちりばめられたお別れ会となったようだ。それだけ多くの人に愛された方だったということがうかがえる。