一日何食か

日本では元々、朝夕2回の食事だったらしい。
清少納言が昼間食事をしている大工を見て、食事をする時間ではないのに食べている、いとおかしと書いている様だ。
肉体労働者しか昼は食べなかったみたいだ。
一般的に3食になっていったのは、江戸時代かららしい。
労働の時間が長くなった事、ロウソクが一般に普及して一日の時間が長くなった事などが理由として挙げられている。
今はどうなんだろう。
3食ではなく2食を勧める声もここに来てどんどん出てきているが。

http://www.brookfarmcider.co.uk/