あの映画は

「あの映画は何人見れば儲かるのか」という本がある。
タイトルが興味をひく。
第1章 映画業界編(1)『オーシャンズ13』の製作費を賄う損益分岐点
第2章 映画業界編(2)“ジブリ映画”は何回も儲かる。マルチユース
第3章 映画業界編(3)『猿の惑星』の舞台を砂漠に変更。リスク回避
第4章 映画業界編(4)『続・冬のソナタ』の製作費を費用配分する
製作費をこれでもかとつぎこみ、大々的なプロモーションを打つ映画はハイリスクハイリターンだが、それだけにやりがいがある事業だろうと思う。