まさかの

亀田二男が判定負けした上に、王座防衛となった。
挑戦者の計量失敗により、事前の説明では亀田が負けた場合はIBFは空位となる筈だった。
それが今回の防衛。
事前説明が間違っていた、という後付けの様な話。
タイトルの権威が地に落ちた。
これがIBFにとって、転機となるだろうか。