乗り物酔いを防ぐ方法

春先から夏にかけて、これから梅雨入りですが梅雨があけたら行楽シーズンですね。車やバス、電車や飛行機に乗る機械も増えるでしょう。
川越耳科学研究所クリニックの坂田英明院長による「乗り物酔いを防ぐ方法」があります。
「酔わないおまじないをかける」意外に気の持ちようは大切です。
「睡眠を十分に取る」寝ていないと体の調子がわるくなりますからね。
「食事は乗る3時間前に腹7分目までで済ませる」空腹は満腹は体に悪いです。
「しょうが汁を乗る1時間前に飲む」しょうがの辛味には吐き気どめの効果があるそうです。
「酔い止めの薬を飲む」薬の効果と、薬を飲んだから酔わないという気持ちで落ち着けます。
「体を締め付ける服装は避ける」楽に呼吸ができる格好でいると落ち着けます。
「乗車中はあごを引いて座り、動かないものを見る」体が安定して酔いにくくなるそうです。
「読書やスマホの操作、ゲームをしない」揺れるなか一点を見つめると脳に悪いです。
「可能ならガムなどを噛み、口の中を乾燥させない」落ち着く状態だと唾液が出るそうです。
やはり酔い止めは大切だが、他にも様々な対策があったので実践してみたい。