森林消失、25年で日本の3倍超

1990年から25年間に、農地転換や違法伐採などによって失われた世界の森林面積は、日本の国土面積の3.4倍に当たる1億2900万ヘクタールに上ることが、国連食糧農業機関(FAO)の分析で分かったそうだ。一方、植林や森林保護の強化などで消失のスピードは近年鈍化しており、FAOは「規制強化や知識の普及などによって、森林管理のあり方が劇的に改善した」と評価している。
FAOは5年ごとに森林資源の増減などをまとめており、今年の報告書では90年以降の変化を分析した。報告書によると、90年時点の世界の森林面積は41億2800万ヘクタールだったが、現在は39億9900万ヘクタールに減少した。特に南米やアフリカでの減少が著しく、熱帯雨林の違法伐採などが深刻なブラジルでは最近5年間でも年平均98万4000ヘクタールが消失。インドネシアも同68万4000ヘクタールなどと大規模な森林破壊が続いていることが分かった。
一方、消失率は2000年代に入って減少に転じた。00~05年の消失面積は年平均726万7000ヘクタールだったが、10~15年は330万8000ヘクタールにとどまった。ブラジルなどで減少が続く一方で、植林を進める中国では年平均154万2000ヘクタール、豪州やチリでも同30万ヘクタールのペースで増加し、世界全体での消失面積の拡大が抑えられているとみられる。
林業、製紙業などを含む森林関係分野は毎年世界の国内総生産(GDP)の0.8%と、5000万人以上の雇用を生み出しているという。FAOは「望ましい方向には向かっているが、(二酸化炭素を吸収する)森林保全などをさらに強化しなければ、地球温暖化の被害を減らしたり、持続可能な開発を実現したりすることはできない」と指摘する。
日本の3倍以上というと想像しにくいが、改善はされているようなので少しほっとした。失われた森林も植林などで取り戻すことができればいいのだが。

子どもの将来のため大切にしたい食育

政府や保健所、また学校による「早寝・早起き・朝ごはん」などの取り組みが広がり、保護者の間でも子どもの食育への関心は高まりつつある近年。
しかし、現在の子どもたちが大人になった時、食育の成果はどの程度生かされているのでしょうか。
内閣府がまとめた2015年版「食育白書」によると、現代の若者たちの気になる実態が浮かび上がってきたといいます。
同白書は、内閣府が昨年の11~12月に、3000人を対象に実施した調査の結果をまとめています。
男性のうち、「ほとんど毎日」朝食を取っている20代は58%にすぎませんでした。
また、20代の女性は67%が「ほとんど毎日」朝食を取っているものの、残り3割以上はきちんと朝食を取っていない結果となりました。
男女共に20代の若者の食生活に、問題があることがわかります。
20代の女性は、男性よりも朝食をきちんと食べていたり、健全な食生活を心掛けたりする割合が高いといえます。
しかし、その反面、やせている女性の割合が20代は21%とおよそ5人に1人となっており、無理なダイエットをしている20代の女性が多いこともうかがえます。
このほか、20代の男女はほかの世代と比べ、「一日の食事を一人で食べる」という割合が高いことにも注目されます。
20代は進学や就職などで家庭を出て自立をし、一人暮らしをする機会が増える時期です。
朝食を毎日取るのは食育の基本の一つ。
しかし、単に食べるだけではなく、食事を通じて食生活の大切さを理解する、理解させることが、子どもの将来のための本当の食育につながるのではないでしょうか。

冥王星に大気

米航空宇宙局(NASA)は24日、無人探査機「ニューホライズンズ」が撮影した冥王星表面にある大気の靄の画像を公表した。
靄は探査機が冥王星に接近した翌日の15日、約200万キロメートルの距離から撮影されたものだそうだ。太陽を背にした冥王星の靄が太陽光を受け、指輪のように幻想的に輝く姿を映した。冥王星に窒素やメタンなどの大気があることは知られていたが、画像ではっきり観測できたのは初めてとのこと。
NASAによると、靄の厚さは冥王星の表面から約130万キロメートルで、成分はメタンが紫外線で変化してできるエチレンやアセチレンなどの炭化水素と見られるという。これらの炭化水素が冥王星の表面付近で冷やされて凍り、粒子になって靄に見えるそうだ。NASAと共同研究している米サウスウエスト研究所のアラン・スターン主任研究員は「信じられないほど美しい画像」と話しているという。
探査機「ニューホライズンズ」のおかげで次々にあたらな発見が公表されている冥王星。さらに調査が進んでまた新しい発見が見つかるのが楽しみだ。

機内で出産、生まれた子どもの「国籍」は?

太平洋上空を飛行していた飛行機の中で5月10日、女の子が生まれた。
カナダのカルガリー空港から、日本の成田空港に向けて、エア・カナダの機内で、赤ちゃんが生まれた。
突然、機内で搭乗客の女性が産気づく。成田空港から北東に約565キロの太平洋上空を飛行中の飛行機から、成田空港へ向けて、緊急着陸を求める通報が入った。そして、飛行機は約1時間後、無事に成田空港へ緊急着陸した。
この赤ちゃんの両親は、ともにカナダ国籍。飛行機にたまたま乗り合わせていた医師が立ち会い、無事の出産となった。成田空港事務所によれば、赤ちゃんは、空港への通報前に生まれた、母子ともに健康とのこと。
そして今回問題となるのが、赤ちゃんの国籍である。
国際線の機内で出産したとき、子どもの国籍はどのように決まるのか。
今回のケースの場合は日本の法律が適用されて、赤ちゃんは両親と同じ、カナダ国籍になるという。

皆既月食 夜桜と競演

満月が地球の影にすっぽり隠れる皆既月食が4日夜、東日本を中心に観測された。桜が見頃の時期と重なるのは珍しいことだそうだ。次に見られるのは2018年1月31日とのこと。
皆既月食は太陽と地球、月が一直線に並ぶことで生じる。太陽光が地球の大気によって屈折・散乱して赤い光だけが月に届くため赤銅色に見えるのが特徴で、前回は昨年10月に起こった。
この日、東の空に上がった月は午後7時15分から欠けはじめ、8時54分から12分間皆既食となった。桜の名所として知られる宇都宮市の八幡山公園では、大勢の花見客が夜桜と皆既月食の競演を楽しんだそうだ。公園内の約800本の桜はちょうど満開となり、ぼんぼりも点灯していたそうだ。花見客らは桜の下で雲が切れるのを待ち、ようやく顔を出した月が欠けた状態から皆既食となると「赤くなった」と歓声を上げていたそうだ。4日は天気が悪い地域も多く、見られなかった人も多かっただろう。次回は桜との競演は叶わないが、皆既月食の様子をまた3年後に楽しめればと思う。

ホテルオークラ本館が閉館

日本モダニズム建築の代表格「ホテルオークラ東京」の本館が建て替えのため8月末で閉館するそうだ。日本の伝統美が詰め込まれ、「1万8千坪の芸術」のキャッチフレーズで1962年に開業した。外国人客からも愛され、30年来定宿してきたマーガレット・ハウエルさんは建て替えを考え直してほしいと訴えるほどだそうだ。最近はアートや建築に関心のある若者らがカメラ片手に次々と訪れるようになっているとのこと。ホテルオークラ東京は、帝国ホテル社長などを務め、大倉財閥当主だった大倉喜七郎氏が資材をなげうって美を極めた建築物だ。特徴的なのはロビーで、公共の場と考え、誰にでも開かれたスペースになっている。あえて喫茶室にはなっておらず、梅の花の形に並べられたイスとテーブルではビジネスマンが打ち合わせをする光景も見られる。ロビーに喫茶スペースを設けなかったのは、食器の音やスタッフが動き回る音が出てしまうからだそうだ。フロントやエレベーターも奥まったところにあり、ざわつきが遮られるようになっている。落ち着いたムードをもたらしているランタンは「オークラ・ランタン」と呼ばれ、古墳時代のネックレスなどに使われた切子玉がモチーフになっている。内側に和紙が貼られ、光を和らげている。建築は東翼、南翼、北翼の3翼からなる三ツ矢式建築で、どの部屋からも窓の外の景色が眺められるようになっている。建築美としては派手な桃山式ではなく、平安時代中期の洗練された優美さを基調にしている。公共スペースであるロビーは和にこだわっているが、客室は機能性を追求した西洋式になっているそうだ。
本館の建て替えを巡っては反対する声もあるそうだ。本館は8月末で営業を終え、2019年に再開するとのこと。同じものには建て替えられないそうだ。新しく建築される本館も伝統を引き継いでくれるといいのだが。8月の閉館までに一度訪れてみたいものだ。

アメリカの出産事情

思わずこんなに違うの?!と驚いてしまう、アメリカの出産事情をご紹介します。
国によって、医療は異なるものですが、日本で出産を経験したことのある人は驚いてしまうでしょう。
まず、アメリカの場合、自然分娩の場合は入院1日、帝王切開の場合は入院3日となっています。
日本での入院日数は、自然分娩で6日、帝王切開で7日ほどとなっていますので、アメリカの入院日数が極端に短いことがわかります。
これはアメリカの入院費、医療費が高いことが原因と言えるでしょう。また、日本では出産のときに痛みをすべて感じるのが一般的ですが、アメリカでは感じなくていい痛みはわざわざ感じる必要がない考えなので、無痛分娩で行われます。
脊髄に痛み止めを投入をし、分娩。想い生理痛のような痛みのみで出産が出来るそう。
国によってこんなにも差が出る出産事情でした。

クリスマス目前でバター不足

ケーキ、クッキーにマッフィン・・・。洋菓子作りには欠かせないバターが不足し、仕入れ困難となっているという。ましてやクリスマスケーキの需要で高まるこの時期にバター不足なのだから、洋菓子業界では悲鳴が上がっている。バター不足の主な原因としては去年の夏の猛暑による、生乳生産量の減少が考えられる。農林水産省は「今年度分は追加輸入で確保することが出来た」と話しているが、実際洋菓子店の店主らは「どこにバターがあるのか」と悲鳴を上げている。本来ならばすべてバターのところ、半分以上をマーガリンで補ってのケーキ作りを余儀なくされている。今年のバター不足は深刻でスーパーの乳製品棚には棚の空きが目立ち、「バター風味」などと書かれたマーガリンが棚を占める。

もやもや病

「もやもや病」とは脳の血管が細くなったり、詰まってしまう原因不明の病気。この病気で苦しむデンマークの少年が、富山大学附属病院で手術を受け、無事退院したそうだ。

「もやもや病」は厚生労働省が「難病」にしている病気で、脳のけい動脈が細くなることで血液の流れが悪くなり、頭痛や脳梗塞、手足の脱力や麻痺などの症状を引き起こす。脳血管造影画像で、異常血管網が煙のようにモヤモヤして見えることから「もやもや病」と呼ばれるようになった。そのもやもや病の治療で実績のある医師が富山県にいるそうだ。富山県大学附属病院・脳神経外科の黒田医師は、これまでに「もやもや病」の手術を200件以上行っている。「もやもや病」は日本人を中心としたアジア人に多い疾患で、研究では日本が世界をリードしている。海外からの受け入れは今回で2例目だという。特徴として「アジア人に多い疾患」というのが引っかかる。原因もわかっていないし、まだまだ謎の多い病気のようだ。原因不明とはいえ治す術があるというのは、多くの患者にとって朗報だろう。

料理をおいしく見せる光

色は我々の味覚に様々な影響を与える。

たとえば、明るいピンクやオレンジは見た目の甘さを感じさせ、

トウガラシや香辛料を連想させる色の濃い赤は辛さ、

レモンを連想させる、鮮やかな黄色は酸っぱさを感じさせる。

また、同じ料理でも、違う場所で見るとなんとなく美味しそうに見えたり、

その逆に不味そうに見えたり感じることがある。

これは料理を照らす照明が関係してる場合がある。

青白い光の下では、料理はおいしそうに見えない。

しかし、柔らかい赤みのある光の下では、美味しそうに見える。

このような色の心理効果を利用して、

料理をおいしく見せる食卓を作ってみよう。