ホテルオークラ本館が閉館

日本モダニズム建築の代表格「ホテルオークラ東京」の本館が建て替えのため8月末で閉館するそうだ。日本の伝統美が詰め込まれ、「1万8千坪の芸術」のキャッチフレーズで1962年に開業した。外国人客からも愛され、30年来定宿してきたマーガレット・ハウエルさんは建て替えを考え直してほしいと訴えるほどだそうだ。最近はアートや建築に関心のある若者らがカメラ片手に次々と訪れるようになっているとのこと。ホテルオークラ東京は、帝国ホテル社長などを務め、大倉財閥当主だった大倉喜七郎氏が資材をなげうって美を極めた建築物だ。特徴的なのはロビーで、公共の場と考え、誰にでも開かれたスペースになっている。あえて喫茶室にはなっておらず、梅の花の形に並べられたイスとテーブルではビジネスマンが打ち合わせをする光景も見られる。ロビーに喫茶スペースを設けなかったのは、食器の音やスタッフが動き回る音が出てしまうからだそうだ。フロントやエレベーターも奥まったところにあり、ざわつきが遮られるようになっている。落ち着いたムードをもたらしているランタンは「オークラ・ランタン」と呼ばれ、古墳時代のネックレスなどに使われた切子玉がモチーフになっている。内側に和紙が貼られ、光を和らげている。建築は東翼、南翼、北翼の3翼からなる三ツ矢式建築で、どの部屋からも窓の外の景色が眺められるようになっている。建築美としては派手な桃山式ではなく、平安時代中期の洗練された優美さを基調にしている。公共スペースであるロビーは和にこだわっているが、客室は機能性を追求した西洋式になっているそうだ。
本館の建て替えを巡っては反対する声もあるそうだ。本館は8月末で営業を終え、2019年に再開するとのこと。同じものには建て替えられないそうだ。新しく建築される本館も伝統を引き継いでくれるといいのだが。8月の閉館までに一度訪れてみたいものだ。

アメリカの出産事情

思わずこんなに違うの?!と驚いてしまう、アメリカの出産事情をご紹介します。
国によって、医療は異なるものですが、日本で出産を経験したことのある人は驚いてしまうでしょう。
まず、アメリカの場合、自然分娩の場合は入院1日、帝王切開の場合は入院3日となっています。
日本での入院日数は、自然分娩で6日、帝王切開で7日ほどとなっていますので、アメリカの入院日数が極端に短いことがわかります。
これはアメリカの入院費、医療費が高いことが原因と言えるでしょう。また、日本では出産のときに痛みをすべて感じるのが一般的ですが、アメリカでは感じなくていい痛みはわざわざ感じる必要がない考えなので、無痛分娩で行われます。
脊髄に痛み止めを投入をし、分娩。想い生理痛のような痛みのみで出産が出来るそう。
国によってこんなにも差が出る出産事情でした。

クリスマス目前でバター不足

ケーキ、クッキーにマッフィン・・・。洋菓子作りには欠かせないバターが不足し、仕入れ困難となっているという。ましてやクリスマスケーキの需要で高まるこの時期にバター不足なのだから、洋菓子業界では悲鳴が上がっている。バター不足の主な原因としては去年の夏の猛暑による、生乳生産量の減少が考えられる。農林水産省は「今年度分は追加輸入で確保することが出来た」と話しているが、実際洋菓子店の店主らは「どこにバターがあるのか」と悲鳴を上げている。本来ならばすべてバターのところ、半分以上をマーガリンで補ってのケーキ作りを余儀なくされている。今年のバター不足は深刻でスーパーの乳製品棚には棚の空きが目立ち、「バター風味」などと書かれたマーガリンが棚を占める。

もやもや病

「もやもや病」とは脳の血管が細くなったり、詰まってしまう原因不明の病気。この病気で苦しむデンマークの少年が、富山大学附属病院で手術を受け、無事退院したそうだ。

「もやもや病」は厚生労働省が「難病」にしている病気で、脳のけい動脈が細くなることで血液の流れが悪くなり、頭痛や脳梗塞、手足の脱力や麻痺などの症状を引き起こす。脳血管造影画像で、異常血管網が煙のようにモヤモヤして見えることから「もやもや病」と呼ばれるようになった。そのもやもや病の治療で実績のある医師が富山県にいるそうだ。富山県大学附属病院・脳神経外科の黒田医師は、これまでに「もやもや病」の手術を200件以上行っている。「もやもや病」は日本人を中心としたアジア人に多い疾患で、研究では日本が世界をリードしている。海外からの受け入れは今回で2例目だという。特徴として「アジア人に多い疾患」というのが引っかかる。原因もわかっていないし、まだまだ謎の多い病気のようだ。原因不明とはいえ治す術があるというのは、多くの患者にとって朗報だろう。

料理をおいしく見せる光

色は我々の味覚に様々な影響を与える。

たとえば、明るいピンクやオレンジは見た目の甘さを感じさせ、

トウガラシや香辛料を連想させる色の濃い赤は辛さ、

レモンを連想させる、鮮やかな黄色は酸っぱさを感じさせる。

また、同じ料理でも、違う場所で見るとなんとなく美味しそうに見えたり、

その逆に不味そうに見えたり感じることがある。

これは料理を照らす照明が関係してる場合がある。

青白い光の下では、料理はおいしそうに見えない。

しかし、柔らかい赤みのある光の下では、美味しそうに見える。

このような色の心理効果を利用して、

料理をおいしく見せる食卓を作ってみよう。

まさかの

亀田二男が判定負けした上に、王座防衛となった。
挑戦者の計量失敗により、事前の説明では亀田が負けた場合はIBFは空位となる筈だった。
それが今回の防衛。
事前説明が間違っていた、という後付けの様な話。
タイトルの権威が地に落ちた。
これがIBFにとって、転機となるだろうか。

研修

プロ野球経験者が高校や大学で指導するために、学生野球資格が必要らしい。
プロ側の研修会が今月行われ、100名以上が出席したという。
工藤公康や小宮山悟などが参加したそうだ。
これが野球会にとって、大きな転機になると工藤が語っている。
プレイと指導は全く別なものなので、謙虚に学ぶ姿勢に頭が下がる。

現代

日本における転換期として、幕末~明治がある。
江戸時代が約300年続き、近代化の大変革だ。
主に佐幕攘夷、佐幕開国、倒幕攘夷、倒幕開国という4つのグループが居て、それぞれによって見方も変わっていただろう。
この大変換が現代へとつながっていった。

デモ行進

タイの政権打倒を訴えるデモ隊が9日を最終決戦と謳っている様だ。
デモ隊を主導するステープ元副首相は、「9日を最後の闘いとする。バンコクでは首相府を、地方ではほかの庁舎、県の庁舎に向かってデモ行進をしよう」と支持者に呼びかけているらしい。
ここで勝利するから最後なのだ、と言う。
果たしてどうなることだろうか。

東京オリンピック

東京オリンピックは1964年の開催だったが、実は1940年にも行われる予定だったという。
日中戦争の拡大などが理由で日本は返上し、結局行われなかった。
札幌で冬季オリンピックが開催された1972年は日本列島改造論が出た事に加え、福祉元年と言われた年となる。
オイルショックも重なり、低成長時代へと入っていった。
過去に国内でオリンピックが開催された年、何れも経済の分岐点となっていった。
2020年は果たして、どうなるのだろうか。